今後の予定

少し前友人から「詩と短歌、どっちを書くのが好き…?」と訊かれ、うーん…と不意打ちで答えに詰まった私。自分のベースは詩だと思っていて、でも短歌も好きで、そんな感じかな…と、白黒付いてませんが、書いている自分としてはその答えが一番しっくりくる気がしました。

 

その時々で物事に対しかなり波があるタイプで、昔からそれが自分の嫌なところだったりします。そんな中、今年に入ってから久しぶりに詩を書くモードが戻ってきて、私自身それがとても嬉しかったです。…とは言え、相変わらず書ける作品数はポツ、ポツですが。元々、詩作を始めた時から言葉が溢れて筆が止まらない…!というタイプではないので、私にとっては今年の創作ペースが充分通常運転です。こういうバランスだけはなかなか自分の意の通りになりませんが、今後も詩、短歌とも自分のペースで書き続けていけたらいいな…と、以上新年度のプチ表明でした(笑)

 

…と前置きが長くなってしまいましたが、このたび第七回文学フリマ大阪にエントリーしました。初遠征です…!

 

開催は4ヶ月半後とまだ先ですが、春、夏と色々しているとあっという間に当日を迎えそうな気もします…。折角楽しいイベントに参加するので、前回の文フリ広島よりスケジュールに余裕を持って(笑)準備できたらと思っています。

 

今回も領布作品は詩集/短歌集それぞれ一種類ずつを予定しています。詩集は文フリ広島で領布した「秘境」を(前回使った遊び紙がまだ売ってあると良いのですが…)、短歌集は前回の小歌集的ボリュームだった「ライムライト」を改め、歌を更に増やしたリニューアル版を持って行く予定です。構成はまた一から練っていきますが、前回初めて手製本を作ったときなかなかデザイン等考えるのが楽しかったので、こちらの作業もまた楽しみです。

 

出店名は前回に引き続き『ひびこれ』で参加します。同じく文フリ大阪出店の皆さま、当日きっとぽつんとブースに居ますのでどうぞ宜しくお願いします(*^^*)

 

 


f:id:junjunhibi:20190417162103j:image

 



f:id:junjunhibi:20190417163046j:image

 

4/6、今年はお花見に廿日市まで行ってきました。写真は帰り道、偶然通りがかった大野町の桜。ばっちり西日ですが(笑)背景の竹藪とのコントラストがとてもきれいでした。