短歌練習帖

#この歌を聴くと花見行けずともサーモグラフィー桜ふるふる


#出掛け前ハンドクリームすり込めどカサつく指でおつり受け取る


#綿毛布取り出し春の陽にはたく わずらわしくもリズミカルに


#グルテンを抜いてもなれぬジョコビッチそれでも売れるメゾット本かな


#青いろと赤の点々散りばめて初めて澄んだむらさきを知る


#春野菜さっと蒸したら岩塩とオリーブオイル朧月添えて


#ヨーヨーを持って行くよりYO!YO!とラップでじゃれて友だちになる


#県道で見ても何だか良い気分 も一人ダメかい?キャンピングカー


#学生のときに使っていた木ベラいまも現役アメ色の友


#春キャベツざくっ、ざくっと刻む朝 みようみまねのままごとのやうに


#もちもちの食感出すためモチ粉入れ売り出すパンの多いことかな  

注)もちもち系食感が好きながら、幼少よりモチ米が体質に合わず食べれない作者のぼやきです。先日美味しそうな米粉マフィンを見かけたのですが、表示を見ると此処にもモチ粉が潜んでおり断念(泣)モチ粉なしのもちもち系食感がもっと世に普及されんことを…!


#ブラウスを箪笥にしまひ春待たず逝つたあなたの載せた虫除け


#字幕付きチェブラーシカを繰り返し観て覚えたはウラー(万歳)ひとこと


#試験中 短歌浮かんでどうしよう問題用紙ビリビリ短冊



いきなりですが、先月から短歌を始めました。練習の書写しとして、今回アップしたのはその第一弾です…。


きっかけは今年初めて応募した詩歌トライアスロンでした。それまで学校の国語の授業でも短歌を書いた記憶がないので(俳句と標語は覚えがあるのですが💦)、応募時に書いた3首が恐らく人生初の作品でした。よし、応募に向けて書こう!と練っている時は31音にはめる難しさをただただ痛感するばかりでしたが、でも詩作とはまた違った楽しさがあるなぁ〜とも、初めて知ったんですよね。


目下いまの練習課題としては、トライアスロンに送った短歌は1首しか定型に収められなかったので(あとの2首は結構な字余り&字足らずになってしまい…💦)、先ずは基本のキである31音にはめることを念頭に指を折り折り練習中…。鍛錬していれば段々短歌らしい短歌が書けるようになるでしょうか…⁉いつか旧仮名遣いも色々使えれたら、なんて淡い夢を持ちつつ…短歌練習、しばらく続けてみたいと思います。


因みにトライアスロンと言えば詩ともう1種、俳句ですが。私にとって俳句の17音は短歌よりもっと究極です、究極過ぎて手も足も出ません〜(汗)